ホームセンターは専門化するべきか???

専門化という方向性
ホームセンターは量販店です。これは変わらない。できるだけ安く。そして多く。これがこれまでの方針でしたし、これからもそうでしょう。

しかしホームセンターが乱立してくると、差別化が必要です。その一つが専門化。もちろんガーデニングに特化するというのは無茶な話です。なにせガーデニング関連の売り上げは下がりっぱなし。ガーデニング関連の検索語をチェックしてみても、下げ止まりは感じるものの、上がるということは無さそう(2013年12月)。
そりゃそうでしょう。若者に余裕はないとか、そういうものもありますが、庭のある家が昔より少ないのです。

ガーデニングという消費がすでに飽和した以上、これのシェアを出来るだけ取る方法は専門化が一番、一般的で強い方法。そういう風に考えるのが普通です。

専門化って何よ? 具体的に
専門化といっても、ガーデニングだけを販売するホームセンターになる、ということはありません。なにせガーデニングの売り上げが落ちているのです。そういう決断は出来ないでしょう。

だからここでの専門化というのは、ガーデニングを取り扱っているエリアで働いている人がガーデニングの知識を身につける、ということです。

では、それは割に合うことでしょうか??
むつかしいでしょうね。

          Next →              

SNS button

このエントリーをはてなブックマークに追加

「ホームセンターのガーデニング販売について」

ホームセンターのガーデニング販売についての表紙へ

ページ一覧

Page1
⇒ ホームセンターは専門化するべきか???
Page2
専門家は蓄積された知識の持ち主で時間が必要
Page3
ガーデニング担当者に教育費用を投じて利益につながるか?
Page4
深く掘り下げることがビジネスにつながる

ページの編集と削除

ページを編集  
コラムTOP
▲コラムページのトップ
花図鑑TOP
▲ガーデニング花図鑑のトップ